蹴球ちゃんねる

海外サッカー、Jリーグの情報をまとめたブログを運営しています

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のプロサッカー選手。オーストリア・ブンデスリーガ・レッドブル・ザルツブルク所属。ポジションはフォワード。日本代表。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2007年、複数のJアカデミーか
    30キロバイト (3,168 語) - 2019年10月3日 (木) 06:55



    (出典 football-tribe.com)


    すげーよ

    1 Egg ★ :2019/10/03(木) 06:07:40.99 ID:ZS4q4UlE9.net

     UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は2日、グループリーグ第2節2日目を行った。E組のリバプール(イングランド)は本拠地アンフィールドでFW南野拓実とMF奥川雅也の所属するザルツブルク(オーストリア)と対戦。3点差を追いつかれる苦しい展開となったが、4-3で今大会初勝利を挙げた。なお、先発フル出場の南野は1ゴール1アシストを記録。ベンチスタートの奥川は後半26分から途中出場している。

     ナポリとの開幕戦を0-2で落としたリバプールは、9月28日のプレミアリーグ第7節シェフィールド・ユナイテッド戦から1人を変更。DFジョエル・マティプに代えてDFジョー・ゴメスがセンターバックに入った。一方、今季公式戦無敗のザルツブルクは、南野を4-4-2の右MFで先発起用。奥川やゲンク戦でハットトリックを達成した19歳FWアーリング・ブラウト・ホーランドはベンチスタートとなった。

     ザルツブルクは前半3分にPA左手前から南野が鋭い右足シュートを放つなど、立ち上がりは前からプレスをかけ、勢いよく試合に入った。しかし、王者リバプールがしたたかに先手を取る。9分、左サイドの敵陣中央でDFアンドリュー・ロバートソンのパスを受けたFWサディオ・マネが縦に仕掛け、緩急をつけたドリブルで中に切れ込み、PA左に進入。FWロベルト・フィルミーノとのワンツーから右足ダイレクトで流し込み、先制のゴールネットを揺らした。

     古巣対決のマネのゴールで先手を取ったリバプールが、徐々にボール支配率を高めていくと、前半25分に追加点。左SBのロバートソンがドリブルで運んでMFジョーダン・ヘンダーソンに預けてゴール前へ。ヘンダーソンがFWモハメド・サラーとのワンツーから右サイドに大きく展開し、右SBトレント・アレクサンダー・アーノルドがグラウンダーのクロスを入れ、ロバートソンが左足で合わせて2-0とした。

     さらにリバプールは前半30分、ハーフェーライン付近からMFファビーニョが背後のスペースへ浮き球パスを送り、裏を取ったサラーが左足シュートを放つが、わずかにゴール左に外れる。ザルツブルクは中盤の並びをダイヤモンド型に変え、南野をトップ下に置くと、31分にMFドミニク・ソボスライのスルーパスから抜け出した南野がPA左から左足シュート。これはGKアドリアンに止められたが、日本代表FWが果敢にゴールに迫った。

     攻撃の手を緩めないリバプールは前半36分、左サイドからマネがクロスを入れ、ニアに走り込んだフィルミーノがヘディングシュート。GKチチャン・スタンコ*が弾いたボールをサラーが左足でねじ込み、リードを広げる。だが、オーストリア王者も意地をみせる。39分、左サイドでヘンダーソンからボールを奪い、MFエノック・ムウェプのパスを受けたFWファン・ヒチャンが鋭い切り返しでDFフィルヒル・ファン・ダイクをかわし、PA左から右足シュートを決め、1点を返した。

     前半は3-1で終了。後半も前線からプレスをかけるザルツブルクは、11分に素早いリスタート。ヒチャンが左サイドから上げたクロスをフリーで待っていた南野が右足ボレーシュートを放つ。しっかり叩きつけたシュートがゴール左に吸い込まれ、1点差に詰め寄る。さらに15分、MFエノック・ムウェプのパス受けた南野がPA右から中央へ折り返すと、ファン・ダイクの股を抜けたボールを途中出場のホーランドが左足で合わせ、ついに同点に追いついた。

     まさかの展開にリバプールは立て続けに交代カードを切る。後半17分にヘンダーソンを下げてMFジェームス・ミルナー、19分にはMFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代えてFWディボック・オリギを投入した。すると、24分に勝ち越しに成功する。PA手前でファビーニョが相手のクリアをカットし、浮き球をフィルミーノが頭でつないでサラーがPA中央から左足シュートを沈め、4-3とした。

     リバプールは後半アディショナルタイムにサラーを下げてMFナビ・ケイタを入れ、4-3のままタイムアップ。ザルツブルクに苦戦を強いられたが、なんとか勝利をおさめ、今大会初勝利を挙げた。

     なお、第3節は今月23日に行われ、リバプールは敵地でゲンク(ベルギー)、ザルツブルクはホームでナポリ(イタリア)と対戦する。

    10/3(木) 5:50配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-43472305-gekisaka-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【日本代表】南野拓実王者リバプールに1ゴール1アシスト躍動!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    バイエルン (Bayern) は、ドイツ南部にある地域。 バイエルン州 - ヴァイマル共和国、ナチス・ドイツ、ドイツ連邦共和国の連邦州。 バイエルン王国 - 1806年から1918年まで存在したドイツの王国。バイエルン州の前身で飛び地を除いた領域はほぼ同じ。 バイエルン選帝侯領 - バイエルン王国の前身であるドイツの領邦。
    2キロバイト (235 語) - 2019年2月14日 (木) 05:20



    (出典 f.image.geki.jp)


    バイエルンが強すぎた

    1 Egg ★ :2019/10/02(水) 22:38:54.95 ID:ZMHQfbeQ9.net

    直近の公式戦4試合で3敗目というだけでも痛手だが、それがチャンピオンズ・リーグ(CL)という大舞台での7失点大敗となれば、なおさらショックは大きい。

    【動画】大量7失点…。トッテナムがバイエルンに打ちのめされたハイライトはこちら


     現地時間10月1日、トッテナムは、CLグループステージ第2節で、バイエルンにホームで2-7と敗れた。セルジュ・ニャブリに後半だけで4ゴールを献上しての黒星を喫した。

     英メディア『talk SPORT』によると、ヤン・ヴェルトンゲンは、試合後に「この上なく傷ついている。恥ずかしいよ。頭の中がネガティブな考えだらけだ。こうやってメディアの前にいるのも困惑する」と述べた。

    「キツいよ。ほかの選手たちのことじゃない。自分自身のことを言っている。とても悪い結果だ。あまり話したくないよ」

     それでも、ヴェルトンゲンはサポーターに、「僕たちを支え続けてほしい」と訴えている。

    「僕らには、この状況を乗り越えられるだけの人材がいると信じている。このグループは団結しているんだ。団結しなければいけない。僕は逃げないよ。だからこうしてメディアの前で話している。責任を負わなければいけない。次のリーグ戦の試合が、この気分を変えるチャンスとなり得る」
     そして、マウリシオ・ポチェティーノ監督も『BT Sport』で、「こういう結果の時は自分を信じることが大切だ」と強調した。

    「良いフィーリングを取り戻すには、それしかない」

     さらにポチェティーノ監督は「厳しい状況だが、立ち向かわなければならない」と続けた。

    「強くあり、前進し続けなければいけない。団結を保ち、互いを助けなければ。全員が団結することこそ、最良の薬だ」

     グループ2節を終えて、勝点1のトッテナムは、グループBの最下位に沈んだ。レッドスターとの連戦で流れを変えたい。そして何より、現在の不穏な空気を払しょくするためにも、5日に行なわれるプレミアリーグ8節で、ブライトンを相手に勝利が求められる。

    10/2(水) 18:07 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00064817-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【CL】屈辱の7失点大敗!バイエルンに打ちのめされたトッテナム。。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    大石 達也(おおいし たつや、1988年10月10日 - )は、福岡県太宰府市出身のプロ野球選手(投手)。右投左打。埼玉西武ライオンズ所属。 小学2年から投手としてソフトボールを始め、中学時代にボーイズ・リーグのホークス大野城ボーイズに入り、本格的に野球を始める。投手と外野手を兼任していた3年時、後
    20キロバイト (2,581 語) - 2019年10月3日 (木) 09:27



    (出典 i.ytimg.com)


    勿体無いな。

    1 風吹けば名無し :2019/10/03(木) 15:48:02.78 ID:MkgpPQyU0.net

    西武は3日、大石達也投手(30)に来季の契約を結ばないことを通達した。

    大石は、10年ドラフトで6球団競合の末に1位で入団。同期の斎藤(日本ハム)福井(広島→楽天)とともに「早大ドラ1トリオ」として注目された。
    大学時代に最速155キロを誇った右腕だが、プロでは度重なる故障に悩まされ、通算成績5勝6敗8セーブ。今季もわずか2試合の登板に終わっていた。

    球団事務所を訪れた大石は「野球はもう続けるつもりはありません。ほぼほぼ悔しい思いしかしてないが、
    9年間やってこれたのは、今後の人生の中で良い経験になったのかな」と話した。今後については「球団から話を頂いていますので、それを受けようと思います」。

    何らかの形で西武球団に残る方向だ。


    【【悲報】西武が大石に戦力外通告→引退へ。。。】の続きを読む

    このページのトップヘ