超話題newsまとめ

このブログは2chの最新トレンドニュースをまとめて発信しています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    神戸イニエスタ、相手を小突き憤怒で一触即発 “緊張の瞬間”に海外驚愕「見たことない」


    アンドレス・イニエスタ・ルハン(Andrés Iniesta Luján, 1984年5月11日 - )は、スペイン・カスティーリャ・ラ・マンチャ州アルバセテ県フエンテアルビージャ出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。ポジションはミッドフィールダー。元スペイン代表。 スペインのメディアからはDon
    83キロバイト (9,805 語) - 2019年8月10日 (土) 16:41



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    この試合で神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがヒートアップし、大分DFと小突いて一触即発の場面が起き、海外メディアも「見たことがない!」「緊張の瞬間」と決定的瞬間を伝えている。

    【神戸イニエスタ、相手を小突き憤怒で一触即発 “緊張の瞬間”に海外驚愕「見たことない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    NHK、3日連続で「受信料」に理解求める番組放送 N国への危機感あらわ - ニコニコニュース
    NHK総合で8月9日の午後8時42分から「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題した3分間の番組が放送された。 番組では、受信料を財源とすることで、特定 ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 johosokuhou.com)



    1 ■忍【LV20,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :19/08/11(日)08:55:21 ID:???


    NHK総合で8月9日の午後8時42分から「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題した3分間の
    番組が放送された。

    番組では、受信料を財源とすることで、特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報や
    防災情報などを全国に放送できる、と受信料の意義を説明。

    松原洋一理事が「引き続き、受信料制度の意義や公共放送の役割を丁寧に説明し、公平に受信料をお支払いいただく
    よう努めて参ります」と話した。

    番組は、8月10日午後0時42分、8月11日午後6時42分からも放送される。

    放送の理由について、NHKは弁護士ドットコムニュースの取材に対し、「受信料制度についての正しい理解に
    基づかない発言が頻繁に聞かれること、そして受信料制度についての視聴者のみなさまからのお問い合わせがあること」としている。

    ●番組サイトにはN国への反論

    今回のような放送は初めてなのかを尋ねたところ、NHKは「視聴者にお伝えすべき内容については、これまでも適宜、
    放送しています」。受信料についても同様だという。

    放送がいつ決まったかについては、「取材・制作の過程についてはお答えしていません」だった。

    お金を払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送」を公約としている「NHKから国民を守る党」の影響に
    ついての言及はなかった。


    【2chまとめ【受信料】NHK、3日連続で「受信料」に理解求める番組放送 N国への危機感あらわ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ロンブー淳が“吉本興業再生”を提言「今は劇薬が必要」


    ロンブー淳が“吉本興業再生”を提言「今は劇薬が必要」 (2019年8月12日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    原田曜平【令和のトップランナーに訊く】ロンドンブーツ1号2号田村淳さん(前編)“笑いの総合商社”が揺れに揺れた1カ月だった。芸人の“闇営業”問題から騒動は飛び火して ...
    (出典:エキサイトニュース)


    ロンドンブーツ1号2号(ロンドンブーツいちごうにごう)は、田村田村亮から成る吉本興業所属の日本のお笑いコンビである。略称は「ロンブー」、「ロンドンブーツ」。お笑い第四世代の代表格に数えられる。 田村 (たむら あつし) 主にボケ担当だが、フリートークなどでは進行役を担当するなど、ツッコミのよう
    16キロバイト (1,943 語) - 2019年8月6日 (火) 10:21



    (出典 taishu.jp)


    “笑いの総合商社”が揺れに揺れた1カ月だった。芸人の“闇営業”問題から騒動は飛び火して吉本興業の企業体質に批判が集中。ここぞとばかりに所属芸人から不満が噴出した。吉本は対応策として「経営アドバイザリー委員会」を設置。8日、同委員会から日本の芸能プロとしては初の専属エージェント契約の導入が発表された。これで100年を超える歴史を持つ老舗は変わるのか――。かねて会社に対してギャラの可視化を求めるなど積極的に発言してきたロンドンブーツ1号2号の田村淳さん(45)に吉本再生プランを“訊く”!

    【ロンブー淳が“吉本興業再生”を提言「今は劇薬が必要」】の続きを読む

    このページのトップヘ