超話題ニュース

こちらのブログは主に芸能、ゴシップのまとめサイトです。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    AGC韓国撤退報道を否定=現地法人「事実と異なる


    AGC株式会社(エイジーシー、英: AGC Inc.)は、世界最大手のガラスメーカーである。1907年創立。三菱グループの一員であり、三菱金曜会及び三菱広報委員会の会員企業である。2016年現在の主力製品は、建築用ガラス、フッ素化学製品。 2018年7月に商号を旭硝子株式会社(あさひがらす)から変更した。
    14キロバイト (1,317 語) - 2019年6月24日 (月) 13:45



    (出典 www.yurugp.jp)


    【ソウル時事】AGC(旧旭硝子)の韓国現地法人は11日、AGCが韓国から撤退するとした同国紙・毎日経済の報道について「事実と異なる」と否定した。

     既に生産を停止したプラズマディスプレー事業に関わる工場を閉鎖するものの、液晶ディスプレー用のガラス基板生産は続けると説明した。

     毎日経済はAGCが日韓対立などの影響で来年1月までに工場を閉鎖し、韓国から撤退すると伝えたが、現地法人担当者は「2014年に生産ラインを閉じた工場を閉鎖するだけだ。閉鎖は(最近の日韓対立とは)全く関係ない」と語った。

     11日付の毎日経済は、AGCの韓国法人が、慶尚北道亀尾市にある工場や建物を閉鎖すると道当局に伝えたなどとして、韓国撤退を報じていた。 

    【AGC韓国撤退報道を否定=現地法人「事実と異なる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    林遣都「おっさんずラブ」ドラマ続編に難色示す理由


    林遣都「おっさんずラブ」ドラマ続編に難色示す理由(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
    俳優・田中圭(35)が主演の映画「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」が大ヒットしている。昨年放送され、話題になったドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)に ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    “田中圭「おっさんず」再び作れる幸福感/一問一答1”. 日刊スポーツ (2018年12月7日). 2018年12月7日閲覧。 ^ “「おっさんずラブ」映画化!キャスト続投、田中圭は「アクションラブにしたい」”. 映画ナタリー (2018年12月7日). 2018年12月7日閲覧。 ^ “映画「おっさんずラブ
    67キロバイト (9,635 語) - 2019年9月4日 (水) 04:14



    (出典 www.tv-asahi.co.jp)


     俳優・田中圭(35)が主演の映画「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」が大ヒットしている。昨年放送され、話題になったドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)に続く快挙だ。その勢いのまま、今年度中にドラマの続編が放送されることも決定しているが、このまま順風満帆にいくかは分からない。共演者の一人である林遣都(28)が難色を示しているというのだ。その理由とは――。

    「おっさんずラブ」は、田中、吉田鋼太郎、林の3人の男たちの恋愛模様を描いた異色の物語だ。昨年4月、テレビ朝日の土曜ナイトドラマとして放送されると、ハマる人が続出。ドラマの内容も高く評価され、「東京ドラマアウォード2018」グランプリや「第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」最優秀作品賞など各ドラマ賞に輝いたほか、「第35回新語・流行語大賞」のトップテンに入るほどの社会現象となった。

     8月23日に公開された映画も話題沸騰で、観客動員数100万人、興行収入13億5000万円を突破する大ヒットとなっているのだ。ここまでのコンテンツになれば、テレ朝が次を考えるのは当然のこと。実際に、今年中にもドラマの続編を放送する予定だという。

     これには出演者も意気に感じている。先日行われた舞台あいさつで田中が「『おっさんずラブ』が止まらないのだとしたら、どこまでも行けばいいなと思っている」と喜べば、吉田も雑誌のインタビューで「打ち上げの時にも言ったんですけど『男はつらいよ』シリーズみたいに、ずっと続けばいいのに」と語った。

     ところが、だ。林だけは難色を示しているという。ある芸能プロ関係者によると「林の周辺が続編にあまりいい顔はしていないそうなんです」。
     林が演じる牧凌太という役柄は、田中演じる春田創一を吉田演じる黒澤武蔵と取り合うという重要な役どころ。「おっさんずラブ」になくてはならない存在だが…。

    「やっぱり役柄の印象が強くなりすぎることを懸念しているようなんです。林も俳優歴はそこそこありますが、田中や吉田と違って、これといった作品はない。むしろこの『おっさんずラブ』が代表作といっても過言ではないですからね。若い林にとって、ヒットはありがたいでしょうが、役者として柔軟性がなくなることを周囲が警戒するのも無理はありません。林の周辺は決して前のめりではないようです」と同関係者は続ける。

     特に「おっさんずラブ」は、物語のインパクトが強烈だけに、キャラクターのイメージがつきやすい。素直に喜べないのも当然だ。

     とはいえ、続編の制作を発表している以上、出演しないわけにはいかない。

    「すっかり役がハマっていますからね。映画もヒットしたのに、今さら続編でキャスティングを変えるわけにはいかないでしょう。前作や映画と同様の世界観でやれば、今以上に大きな話題になることは間違いないですし」と制作会社関係者。

     林にとっては何とも痛しかゆしといったところか。

    【林遣都「おっさんずラブ」ドラマ続編に難色示す理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    安達祐実、妊娠時のお腹ぽっこり姿!夫・桑島智輝が撮影した写真集に


    安達 祐実(あだち ゆみ、1981年9月14日 - )は、日本の女優、タレントである。東京都出身。サンミュージックプロダクション所属。安達有里は実母。安達哲朗は実兄、安達大は異父弟。夫は、カメラマンの桑島智輝。 2歳時に子育て雑誌でモデルデビューし、後に子役としてCMなどで活躍した。子役としてデビ
    42キロバイト (5,399 語) - 2019年8月20日 (火) 03:25



    (出典 colorful-instagram.com)


    花宵道中

    (出典 Youtube)


     フォトグラファーの桑島智輝が、妻である女優の安達祐実を日々撮り続けた写真集「我我」から、妊娠時の安達を捉えたカットなどが公開された。

    安達祐実を夫・桑島智輝が撮影!【写真】

     2011年に仕事をきっかけに知り合い、2014年に結婚した二人。今回の写真集では、2015年11月13日の結婚記念日から二人にとって初めての子どもの誕生を挟んだ約3年間に焦点が絞られ、137枚の写真が掲載される。

     このたび、写真集の表紙やレイアウトの一部が公開された。そのなかには、出産を控えておなかが大きくなった安達の姿や、ソファーで眠りにつく無防備な姿も。写真には桑島や安達のコメントも添えられており、妻と夫、さらには被写体とフォトグラファーとしての二人のコミュニケーションが刻み込まれている。

     安達は今年、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」「東京二十三区女」「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4」などで活躍。写真集「我我」は安達の38歳の誕生日である9月14日に完成し、9月20日頃に全国流通される予定だ。価格は2,500円+税。

    【安達祐実、妊娠時のお腹ぽっこり姿!夫・桑島智輝が撮影した写真集に】の続きを読む

    このページのトップヘ