蹴球ちゃんねる

海外サッカー、Jリーグの情報をまとめたブログを運営しています

    カテゴリ: サッカー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【J浦和】横断幕の掲出禁止に反対する意見書を提出か


    レディアは、Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズのマスコットキャラクター。 本項目では、同じくクラブマスコットキャラクターである、フレンディア、シャーレくん、ディアラちゃんも取り上げる。 1992年、当時のチーム名「三菱浦和フットボールクラブ」のアルファベットの頭文字「MUFC」を縦に並べて開発された架
    7キロバイト (824 語) - 2020年4月26日 (日) 11:31



    (出典 grapee.jp)


    気持ちはわかる

    【【J浦和】横断幕の掲出禁止に反対する意見書を提出か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英: J.LEAGUE)。 主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJ
    169キロバイト (15,550 語) - 2020年6月15日 (月) 00:18



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    まあしょうがないわな。
    50%でもいい方だと思う

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/16(火) 16:35:35 ID:vuN9Ohr19.net

    Jリーグは16日、第9回臨時実行委員会を行い、2020シーズンのチーム表彰・個人表彰の賞金を例年の50%とする方針を固めた。減額分の4億円は資金難が懸念されるクラブを救済する補填金の原資となるという。23日の理事会で正式決定する。

     窪田慎二理事が同日、実行委員会後の報道陣向けブリーフィングで明かした。「大会方式が変更され、過密日程や昇格あり降格なし、さまざまな違う条件で試合を行わないといけない。賞金、個人表彰がこのままでいいのか」という議論があったという。

     Jリーグでは今季、J1優勝チームに3億円、2位に1億2000万円、3位に6000万円の賞金が贈られるレギュレーションだったが、優勝で1億5000万円、2位に6000万円、3位に3000万円にそれぞれ変更される。またルヴァン杯も同様に50%減額となる。

     また、上位チームに翌年以降支給される理念強化配分金の減額に関する議論も進んでいたが、今後のリーグ戦の進捗を見極めながら議論していくこととなった。

    6/16(火) 13:37
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a55a238aee60ad1c2a1ac990f184c63ddfb3b30d


    【【Jリーグ】今季は賞金50%減額か...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    日本プロサッカーリーグ(にほんプロサッカーリーグ、英: Japan Professional Football League)は、日本のプロサッカーリーグ。略称はJリーグ(ジェイリーグ、英: J.LEAGUE)。 主催団体は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)、公益社団法人日本プロサッカーリーグ。主管団体はJ
    170キロバイト (15,487 語) - 2020年6月3日 (水) 08:19



    (出典 www.football-zone.net)


    来年からでもいいと思うなあ

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/06/05(金) 09:15:19 ID:99MT3bzY9.net

    Jリーグは新型コロナウイルスの影響で2月下旬から中断していたJ1の再開を7月4日に決めた。
    J2とJ3は今月27日から。リーグの運営にあたっては、選手や観客を含め全ての人の対応が一変していく。

    見えない「敵」とどう共存していくか。課題を探った。

    サッカーは競技の特性上、スポーツの中でも身体接触が多い。
    相手の血に触れることもあり、声を張り上げた際や、激しい息遣いの中では飛沫(ひまつ)が懸念される。

    プロ野球との合同対策会議専門家チームの三鴨広繁氏(愛知医科大大学院教授)は、
    汗による感染の可能性はないとしながらも、「野球と比べれば、接触感染の可能性は高まる。
    もし選手が感染していたら、一気に広がる確率は上がる」と話す。

    Jリーグは選手に週2度、家族にまでPCR検査を求めたドイツ・リーグの厳格な取り組みを参考に、感染リスクを減らす対策を検討。
    当初困難とされた検査の導入にめどが付き、2週に1度、選手、審判員らを検査する方針だ。

    練習再開したチームに対しては、万が一に備え、当面は接触プレーを避けるよう呼び掛けている。

    ただ、検査の精度は100%ではない。無症状の感染者や、発症2日前から感染の危険性があるのがコロナの厄介なところ。
    三鴨教授は各クラブで毎日行う健康観察と行動記録の管理が、その穴を補完すると指摘。

    チーム内と家族らに接触を制限し、異常が2週間なければ、感染の疑いはないとされる。
    一方で、選手の私的な時間での自覚が問われる問題にもなる。

    専門家チームからは、一流の競技者は消耗の激しい運動後、免疫力が低下すると報告されている。
    三鴨氏は「免疫力が下がれば、ウイルスが少なくても感染する。ボディーコンタクトが多いことを含め、
    当然のことながら感染リスクは野球より高まる」。コロナと向き合う中で、サッカー特有の課題を指摘した。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020060500240&g=spo


    【【Jリーグ再開の障壁】専門家...「野球と比べれば、感染リスクは高い」】の続きを読む

    このページのトップヘ