超話題ニュース

こちらのブログは主に芸能、ゴシップのまとめサイトです。

    カテゴリ:ニュース > 台風

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 dol.ismcdn.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2020/09/06(日) 20:31:27 ID:L6H2d8gL9.net

    https://twitter.com/ntvsorajiro/status/1302567831377047553

    【九州の停電広がる】
    九州電力によると、午後7時現在、九州全体であわせて約89,870戸で停電となっていると言うことです。
    鹿児島県 約85,050戸
    宮崎県 約4,070戸
    熊本県 約580戸
    長崎県 約170戸
    今後、さらに停電が広がる見込み。
    (deleted an unsolicited ad)


    【【九州電力発表】午後7時現在、九州全体であわせて約89,870戸が停電。今後さらに拡がる見込み。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 web.sunsuntv.co.jp)


    声ーーー

    1 ばーど ★ :2020/09/05(土) 23:04:57.21

    ■台風10号 今まで経験ない暴風・大雨のおそれ 接近前に対策を。

    大型で非常に強い台風10号は、沖縄県の大東島地方を暴風域に巻き込みながら北寄りに進んでいます。台風は6日は、沖縄地方と奄美地方に近づき、その後、7日にかけて、九州に接近、または上陸するおそれがあります。気象庁は、今までに経験したことが無い記録的な暴風や高波、高潮、大雨になるおそれがあるとして、台風が接近する前に対策を終えるよう強く呼びかけています。

    気象庁の発表によりますと、大型で非常に強い台風10号は5日午後4時には南大東島の南110キロの海上を1時間に15キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。

    中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっています。

    大東島地方が暴風域に入っていて、最大瞬間風速は南大東島で午後3時40分に41.7メートルを観測しました。

    台風は、さらに発達し猛烈な勢力となって6日未明に大東島地方へ、6日午後にかけて奄美地方へ、最も接近する見込みです。

    その後も北上を続け6日午後から7日にかけて九州に接近、または上陸するおそれがあります。

    沖縄地方や奄美地方、九州南部では一部の住宅が倒壊するおそれがある猛烈な風が予想されるなど台風が接近する地域では、今までに経験したことが無い記録的な暴風や高波、高潮で甚大な被害が出るおそれがあるとして、気象庁は、事前に、暴風などを対象とした「特別警報」を発表する可能性があるとしています。

    2020年9月5日 15時55分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200905/k10012601691000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    ------
    ■台風10号 各地の風・雨・波の予想

    5日から6日にかけて、
    ▽沖縄地方と奄美地方では最大風速は55メートル、
    最大瞬間風速は80メートル、
    ▽九州南部では最大風速は45メートル、
    最大瞬間風速は65メートルと予想されています。

    7日は、
    ▽九州北部と九州南部では最大風速は40メートルから50メートル、最大瞬間風速は55メートルから70メートル、
    ▽奄美地方では最大風速は30メートルから40メートル、
    最大瞬間風速は40メートルから60メートルと予想されています。

    雨の予想

    大雨にも広い範囲で警戒が必要です。

    ▽沖縄・奄美は5日夜遅くから6日にかけて、
    ▽九州では6日から7日にかけて、猛烈な雨や非常に激しい雨が降って、大雨となるおそれがあります。

    6日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
    ▽沖縄地方で300ミリ
    ▽奄美地方で150ミリ
    ▽九州南部と関東甲信で100ミリ
    ▽九州北部と近畿、東海で80ミリと予想されています。

    6日昼から7日昼までの24時間の雨量は、いずれも多いところで
    ▽九州南部で400ミリから600ミリ
    ▽九州北部と四国で300ミリから500ミリ
    ▽奄美地方と東海で300ミリから400ミリ
    ▽近畿で200ミリから300ミリ
    ▽沖縄地方と関東甲信で100ミリから150ミリ
    ▽中国地方で50ミリから100ミリと予想されています。

    九州南部と奄美地方を中心に、平年の9月1か月分の2倍を超える雨量になるおそれもあります。

    2020年9月5日 11時55分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200905/k10012601661000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    ■米軍進路予想
    https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

    (出典 www.metoc.navy.mil)


    ■気象庁進路予想
    https://www.jma.go.jp/jp/typh/2010l.html

    (出典 www.jma.go.jp)


    ★1が立った時間 2020/09/05(土) 06:45:50.55
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599312024


    【【台風10号】これまで経験したことがない暴風、大雨の恐れ #過去最大】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 image.rakuten.co.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/09/04(金) 14:25:25 ID:53T6UwyEd.net

    おい買い占めるなや!!買えへんやんけ!


    【【台風10号】メルカリで「養生テープ」が高額転売...3個2700円での出品もwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 記憶たどり。 ★ :2020/09/04(金) 17:13:23 ID:bPpFQ7mN9.net

    https://weathernews.jp/s/topics/202009/040075/


    (出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)


    9月4日(金)9時現在、台風10号(ハイシェン)は日本の南の海上を発達しながら西北西に進んでいます。

    中心気圧が925hPa、中心付近の最大瞬間風速は70m/sと急速に勢力を強めている状況です。
    衛星画像では台風の目がはっきりと現れ、中心付近に非常に発達した雲が密集しており、顕著な発達の様相を示しています。

    九州接近の7日(月)朝で最大瞬間風速65m/s予想


    (出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)


    今後も台風はさらに発達を続け、6日(日)には最大瞬間風速80m/sの、「猛烈な」勢力で南大東島近海を通過する予想です。
    台風の進路に近い島々では過去にないような荒天となるおそれがあります。

    九州北部の五島列島付近に達する7日(月)9時でも「非常に強い」勢力で、中心付近の最大瞬間風速が65m/sと、あまり衰えない予想です。

    接近時の勢力は過去最強クラスで、特別警報の発表基準に達するほどです。これだけの勢力で近づけば上陸しなくても、
    甚大な被害につながる危険性が高まります。最悪の事態に備え、極力早めに台風への備えを行うようにしてください。

    ▼台風10号 9月4日(金)9時
     存在地域   日本の南
     大きさ階級  //
     強さ階級   非常に強い
     移動     西北西 15 km/h
     中心気圧   925 hPa
     最大風速   50 m/s (中心付近)
     最大瞬間風速 70 m/s

    九州など記録的な暴風で停電リスク高い


    (出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)

    台風10号による停電リスク予測

    台風10号は予報円の中心を通った場合、九州の大部分が台風の暴風域に入る見込みです。
    接近時も中心付近の最大瞬間風速は60~70m/sを予想しています。
    一般に台風は進行方向の右側(10号の進路では東側)で風が強まる傾向があり、
    上陸しない場合でも九州では台風の進路に近い東シナ海側を中心に、記録的な暴風となるおそれがあります。

    昨年、千葉県で大規模停電を引き起こした台風15号の際は瞬間風速で50~60m/sの風が吹きました。
    今回の九州では同様、もしくはそれ以上の暴風が吹き荒れ、大規模な停電や建物の倒壊などの危険性があります。

    ウェザーニュースによる「停電リスク予測」では、九州全域や中四国の西部で停電の可能性があり、特に沿岸部でリスク高くなっていることがわかります。
    (過去の台風の際にウェザーニュースのアプリユーザーから得られた停電報告と、気象観測機の風速データの相関関係を分析した結果を元に計算したものです。)

    進路によっては顕著な高潮のおそれも


    (出典 smtgvs.cdn.weathernews.jp)

    高潮のメカニズム

    接近時の中心気圧が非常に低いことで、高潮も危険です。気圧の低下による吸い上げ効果と、暴風による吹き寄せ効果が重なった場合は、
    記録的な高さの潮位になってもおかしくありません。

    顕著な高潮は、高波と違い海の水が大量に陸地に押し寄せ、津波のような影響が出ます。九州では1999年の台風18号により
    熊本県で多くの方が亡くなる高潮被害を経験しています。

    台風の中心が近くを通るほど、高潮の影響が大きくなりますので、必ず最新の予想進路を確認してください。

    甚大な被害発生のおそれ 今のうちにできる備えを必ず

    台風が近づくと外に出るのが困難になることが考えられます。必要なものの買い出しや家の外での補強などの対策は、
    特に風が強まる前までに行い、避難を行う場合も出来るだけ早めに判断する必要があります。

    沖縄や奄美では出来れば今日4日(金)まで、九州でも明日5日(土)までには備えを済ませるようにしてください。

    台風の名前

    台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

    台風10号の名前「ハイシェン(Haishen / 海神)」は中国が提案した名称で、文字通り海の神という意味です。

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599204185/
    1が建った時刻:2020/09/04(金) 11:24:39.85


    【【台風10号】「ハイシェン」は猛発達、→非難の準備は4日までに終わらせろと指示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 storage.tenki.jp)



    1 アシクロビル(東京都) [US] :2020/09/01(火) 00:11:17 BE:765014536-2BP ID:mo1pa5kg0.net

    sssp://img.5ch.net/ico/naoruyo.gif
    【悲報】台風9号、940~950hPaで韓国上陸し縦断へ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1598792285/



    【画像】 巨大台風10号 今週日曜に955hpaで関西上陸 近畿全滅か
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1598857357/


    【ネトウヨ「台風9号で韓国全滅www」→台風10号で日本全滅へwww】の続きを読む

    このページのトップヘ