超話題newsまとめ

このブログは2chの最新トレンドニュースをまとめて発信しています。

    カテゴリ:サッカー > 日本代表

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    浅野 拓磨(あさの たくま、1994年11月10日 - )は、三重県出身のプロサッカー選手。セルビア・スーペルリーガ・パルチザン・ベオグラード所属。ポジションはフォワード。日本代表。 7人兄弟の三男で、男の子6人に末っ子が女であった。兄弟の影響で幼い頃から自身もサッカーを始めた。小学生時代はペルナ
    24キロバイト (2,426 語) - 2019年11月19日 (火) 11:58



    (出典 i.ytimg.com)


    ↓↓↓皆の反応↓↓↓

    1 Egg ★ :2019/11/29(金) 16:27:59 ID:fuS0xuSN9.net

    日本の韋駄天が、鮮烈な一撃を見舞った。

     現地時間11月28日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第5節(L組)で、AZの本拠地に乗り込んだパルチザンは、前半のうちに2点をリードしたが、数的優位になったにもかかわらず、87分と後半アディショナルタイム2分に立て続けに失点……。結局、2-2で勝ち試合をフイにし、グループステージ敗退が決定した。

    【動画】おなじみのジャガーポーズも! 浅野が決めたゴールはこちら!
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=67233

     試合には勝てなかったパルチザンの中で、小さくない存在感を放ったのが、浅野拓磨だ。

     4-4-2の左サイドハーフで先発起用された日本代表FWは、16分に魅せる。ハーフウェーライン付近でボールを持ったビブラス・ナトホのロブパスに反応すると、AZの最終ラインの裏を取って、エリア内に侵入。鮮やかな左足のボールコントロールから最後は右足のアウトサイドでゴールへ流し込んだ。

     EL初ゴールを決め、お馴染みの「ジャガーポーズ」も炸裂させた浅野。そのパフォーマンスに、地元メディアから賛辞が集まっている。

     セルビア・メディアの『Espreso』は、「2-2のゲームはパルチザンにとって不十分な結果だ」としたうえで、先制点を決めた浅野に次のような賛辞を贈った。

    「多くの人々がこれを待っていた。アサノは非常に重要な試合で自分自身を証明した。ナトホの蹴った気持ちを込めたパスに見事にゴールで応えたのだ。そして、彼の守備におけるパフォーマンスはもはや繰り返す必要がないだろう。アサノはウロセビッチ(左SB)をとても良く助けている。それを強調しなければならない」

     また、ツイッターでは、熱狂的なパルチザン・ファンをはじめ、古巣アーセナルのファンからも、浅野に対するコメントが相次いだ。

    「アサノがゴラッソを決めた」
    「巧みなゴールだった」
    「これを待ってた」
    「綺麗すぎる一撃だ」
    「信じられるか? アサノがゴールを決めたぞ。アーセナルに呼び戻せ」
    「アーセナルでリベンジさせるべきだ」

     チームの勝利には結びつかなかったものの、個人としては目に見える結果を残した浅野。そのパフォーマンスから今後も目が離せない。

    11/29(金) 16:05 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00067233-sdigestw-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【浅野拓磨】EL初弾を地元メディアが絶賛!古巣アーセナルのファンからは...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    ↓↓↓皆の反応↓↓↓

    1 久太郎 ★ :2019/11/29(金) 10:45:08 ID:6p8crxJ39.net

    アーセナル相手の逆転勝利に貢献
    アーセナル戦での鎌田大地の鮮烈な活躍にイギリス、ドイツの各メディアが注目している。


    フランクフルトは28日、ヨーロッパリーグ第5節でアーセナルと対戦。鎌田大地、長谷部誠はともに先発出場を飾った。試合は前半終了間際にアーセナルが先制。クロスにピエール=エメリク・オーバメヤンが合わせ、ネットを揺らす。

    しかし、後半にフランクフルトが猛攻を仕掛ける。55分に鎌田がゴール右から切れ込み、左足を振り抜く。すると、ゴール左に突き刺さり、フランクフルトが同点に追いつく。さらに64分、コーナーキックのこぼれ球を鎌田が右足を強振。これがゴール左隅に吸い込まれ、フランクフルトが逆転に成功する。試合は2-1のまま終了し、フランクフルトが勝利を収めた。

    鎌田の活躍に英各メディアも注目。『デイリー・メール』は「カマダは2度ゴールを決め、ガナーズを驚かせた。カマダはウナイ・エメリに圧力をかけた」と記した。

    また、ドイツ紙『ビルト』は「キング・カマダ」と題し、その活躍を称えた。「主人公となったのは鎌田大地だった。日本人はわずか9分で2ゴールを挙げ、彼は8月中旬以来のゴールとなった」と評価している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00010008-goal-socc


    【【鎌田大地】名門アーセナルから2ゴール奪い英独メディアが注目!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.sankei.com)


    ↓↓↓皆の反応↓↓↓

    1 豆次郎 ★ :2019/11/19(火) 21:27:47.24 ID:2wLSwg0r9.net


    Football ZONE web11/19(火) 21:07配信
    山口蛍、右足一閃で約3年ぶりの日本代表戦ゴール ベネズエラに前半4失点も一矢報いる

    0-4で迎えた後半24分、中央からのミドルシュートで1点を返す

     日本代表は19日に国際親善試合でベネズエラと対戦。0-4とビハインドを背負った後半24分、MF山口蛍(ヴィッセル神戸)のミドルシュートで1点を返した。


     日本は前半にベネズエラ代表FWサロモン・ロンドンのハットトリックなどで4点のビハインドを背負った。後半もチャンスをゴールに結び付けない時間が続いたが、迎えた同24分にようやく1点を返すことに成功する。

     左サイドから攻め込んだ日本はMF中島翔哉(ポルト)からFW永井謙佑(FC東京)へとつなぎ、中央へグラウンダーでパス。ここへ走り込んだのが途中出場の山口だった。右足ダイレクトで合わせたシュートは相手DFに当たってホップし、GKの頭上を抜くループシュートのような形になってゴールネットに吸い込まれた。山口はこれが国際Aマッチ3点目、2016年10月6日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦(2-1)以来のゴールとなった。

     14日のカタールW杯アジア2次予選キルギス戦(2-0)から、海外組と国内組による一部メンバーを入れ替えた日本。連係面の課題が見える一戦となっているが、山口の一撃でなんとか一矢を報いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191119-00229869-soccermzw-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574165839/


    【【サッカー日本代表】1−4でベネズエラに敗れブーイングの嵐ww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.footballchannel.jp)


    ↓↓↓皆の反応↓↓↓

    1 豆次郎 ★ :2019/11/17(日) 18:31:16 ID:HqVEUZh09.net

    U-22日本代表、国内初陣で強豪コロンビアに0-2敗戦。久保建英&堂安律を同時起用も無得点

    フットボールチャンネル
    11/17(日) 14:47配信


    U-22日本代表は17日、キリンチャレンジカップ2019でU-22コロンビア代表と対戦した。


    久保建英と堂安律が共に先発


     キリンチャレンジカップ2019、U-22日本代表対U-22コロンビア代表の試合が17日に行われた。日本が0-2の敗戦を喫している。

     マジョルカでプレーする18歳の久保建英やPSVに所属する堂安律、AZの菅原由勢などが先発起用された。試合開始して10分、ゴール真正面の位置でフリーキックを獲得すると堂安が直接狙う。しかし、シュートはゴール右に外れた。

     反対に37分、DF裏に飛び出したリカルド・マルケスに1対1の状況を作られるがGK大迫敬介が防ぎ失点を免れる。直後の40分にもピンチを迎えるが、GK大迫がゴールポストに当たりながらも右手一本でボールを弾いて相手にゴールを許さない。

     それでも47分、守備を崩されてコロンビアのルイス・サンドバルに先制点を決められてしまう。さらに59分にも、細かいパス回しからコロンビアのフアン・パブロ・ラミレスに追加点を決められた。80分には久保と堂安の連携からチャンスが訪れるもゴールには繋がらず。

     直後の81分、DF裏に飛び出した小川航基が相手GKと1対1の状況を作るもシュートはゴールポストに弾かれた。日本は1点も返すことができず、国内初陣で0-2の敗戦を喫している。

    【得点者】
    47分 0-1 サンドバル(コロンビア)
    59分 0-2 ラミレス(コロンビア)

    フットボールチャンネル編集部
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191117-00348423-footballc-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573973106/


    【【サッカーU-22日本代表】コロンビア戦ベストメンバーで臨も…久保の活躍は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。プリメーラ・ディビシオン・RCDマヨルカ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 2004年3歳の時、父もコーチとして参加していた東京都稲城市の坂浜サッカークラブでサッカーを始める。
    39キロバイト (4,942 語) - 2019年11月11日 (月) 05:07



    (出典 f.image.geki.jp)


    ↓↓↓皆の反応↓↓↓

    1 Egg ★ :2019/11/11(月) 09:37:23.80 ID:efrrJ9+T9.net

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    日本の至宝がついにやってのけた。

     現地時間11月10日に行なわたラ・リーガ第13節で、マジョルカはホームでビジャレアルと対戦。久保建英は2試合連続の先発出場を飾り、4-1-4-1の右サイドハーフに入った。

    【動画】ゴラッソ炸裂!久保建英のラ・リーガ初ゴールはこちら!
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=66511

     その日本代表MFに見せ場がやってきたのは、2ー1と1点をリードして迎えた53分だ。ペナルティーエリアの外でボールを受けると、左足を一閃。強烈なシュートを逆サイドのネットに突き刺してみせた。

     10試合目の出場にして、待望のリーガ初ゴール。マジョルカの公式ツイッターは、「クボ~、強烈なシュートによるゴラッソだ!」と興奮気味のツイートをしている。

    11/10(日) 21:27 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191110-00066511-sdigestw-socc

    11/10(日) 21:13配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00997004-soccerk-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間10日、リーガ・エスパニョーラ第13節のビジャレアル戦に先発出場し、移籍後初ゴールを記録。2本のPK奪取の起点にもなり、3-1の快勝に大きく貢献した。海外メディアは「久保の魔法になす術なし」「タケ劇場」と惜しみない賛辞を送っている。

     今夏レアル・マドリードに完全移籍した久保は、プレシーズンをトップチームで過ごした後、開幕直前に昇格組マジョルカへの期限付き移籍を決断。第5節ヘタフェ戦(2-4)では初アシストを記録するも、ここまでリーガ初ゴールはお預けとなっていた。

     ビジャレアル戦では前半13分、左サイドを突破した久保が鋭いフェイントでペナルティーエリアに侵入すると、相手選手に倒されてPKを獲得。さらに同22分に右サイドでの華麗なヒールパスから2本目のPKを演出し、マジョルカは2点のリードをもって前半を折り返した。

     後半4分に1点を返されるも、2-1で迎えた同8分、待望の瞬間が訪れる。ペナルティーエリア手前でボールを受けた久保が鋭いボディフェイントでシュートコースを生み出すと、そのまま左足を一閃。強烈な一撃をゴール右隅に突き刺した。ネットを揺らした瞬間、久保は歓喜の咆哮を見せ、チームメートも駆け寄って祝福した。

     久保がこの試合で披露した圧巻のパフォーマンスを受け、衛星放送「ビーイン・スポーツ」スペイン版は「ビジャレアルはPKと久保の魔法になす術なし」と見出しを打って報じると、スペイン紙「マルカ」は「タケ劇場」と表現し、「久保が主役となった」と称賛を送っている。久保が見せた初ゴールを含めた見事なプレーの数々は、世界の注目を一気に集めているようだ。

    11/11(月) 8:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00228325-soccermzw-socc

    1 Egg ★ 2019/11/10(日) 21:13:30.
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573390539/


    【【久保建英】リーガ初GOAL!鮮やかなミドルシュートを沈める...】の続きを読む

    このページのトップヘ