超話題newsまとめ

このブログは2chの最新トレンドニュースをまとめて発信しています。

    カテゴリ: 政治

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 pds.exblog.jp)


    ↓↓↓皆の意見↓↓↓

    1 シコリアン ★ :2020/01/09(木) 11:24:11.21 ID:yzgZVk+J9.net

    1月8日、イランはイラク国内の米軍基地へミサイルを発射し、アメリカとイランの間での戦争勃発がますます現実味を帯びてきている。アメリカのトランプ大統領やイランのザリフ外務大臣がTwitter上で声明を発表し、SNS上での攻防を繰り広げている中、各界の著名人も反戦メッセージを公表している。同日、日本でもついに「戦争反対」がTwitterトレンド入りした。

    プロサッカー選手の本田圭佑さんは、CNNのニュースを引用し戦争が始まると言及。スポーツファンにもこのミサイル攻撃の重要性を強調した。

    「これでまたアメリカが黙ってないやろうから、戦争始まるね。。。」(本田)

    ZOZOTOWN前社長の前澤友作さん、実業家の与沢翼さんなど日本の著名実業家たちも言及した。

    #nowar(前澤)

    「戦争反対 けど俺みたいなただの弱小個人には到底理解の及ばない難しい話があるんだろうな。俺は何も言える立場にない。そこで自分は安全な所を見つけてなるべく逃げ回る笑自分は誰とも喧嘩せず悪口も言わないので今後も与沢家を攻撃しないで下さい宜しくお願いします。妻子と息してるだけで幸せです」(与沢さんは1月4日のTwitter)

    また、人気女優の水原希子さんをはじめ、人気バンドグループRADWIMPのボーカル野田洋次郎さん、同じく人気上昇中のKing Gnuのボーカル井口理さんなど芸能業界でも反戦ツイート見られた。

    「断固戦争反対。」(水原)

    「トランプ氏は「戦争を止めるための殺害」と発表したらしい。イランがそうでしたかとただ受け入れるわけがない。イランの報復はいかほどか。米大統領選を控えた今年、世界はどこに向かうんだろう。そして日本は。世界各国のトレンドが #WWⅢ で溢れていく。」(野田さんのTwitterも1月4日)

    「ここでムーア氏が言う「我々」という言葉、おれも他人事ではないんだろうな。自分みたいな若者が政治に無関心でいないこと、起きている出来事に疑いを持つことで何かを変えていきたいと思う。日本が後に続かないためにも。#WWⅢ」(井口)

    イラン出身のタレント、サヘル・ローズさんからの悲痛な声。

    「国家がしてしまった事を国民がいつの間に背負わされていく。国民はいつのまにかおいてけぼり。母国が壊される事は誰も望んでいない。国民にはなんの罪もない。『もしかしたら戦争になるかもしれない』が今、一番こわい。初めて、国を壊された人々の痛みや恐怖、祖国を失った怖さを痛感しています。」(1月5日のTwitter)

    著作『マチネの終わりに』がベストセラーとなった日本の小説家、平野啓一郎さんも「戦争反対。」と強くメッセージを残している。

    「戦争反対。自衛隊の中東派遣反対。」

    アメリカの大御所文化人たちも声を上げている。映画監督のマイケル・ムーアさんは「マジョリティはトランプを支持していない」、モダンホラー作家のスティーヴン・キングさんも「トランプの仕業だ」と、この攻撃に対して言及している。アメリカ大統領選が行われる2020年、トランプ大統領の再選を恐れるような内容のツイートだ。

    ※1(立て子)の若干の修正、加筆あり 
    原文はこちら
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000008-binsiderl-pol


    【【#戦争反対】Twitterトレンド入り、芸能界からも「戦争反対」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 cf-images.ap-northeast-1.prod.boltdns.net)



    1 豆次郎 ★ :2020/01/08(水) 18:52:55.88

    AERA dot.
    1/8(水) 17:44配信
    安倍首相の中東訪問中止に批判噴出「自分が逃げるなら自衛隊派遣も見直せ」 米イラン衝突で混迷する日本外交〈dot.〉

     政府は8日、イランがイラク国内の米軍駐留基地をミサイル攻撃したことを受け、今月中旬に予定していた安倍晋三首相の中東歴訪を見送る方針を固めた。安倍首相は11日に出発し、サウジアラビア、UAE(アラブ首長国連邦)、オマーンの3カ国を歴訪するとされていた。日程は7日の自民党役員会で安倍首相自ら発表したが、わずか1日で決定が覆ったことになる。

     中東歴訪の中止は、米国とイランの間で緊張が高まっていることが影響したのは間違いない。一方、安倍政権は昨年12月27日、中東海域に自衛隊を派遣することを閣議決定している。1月中に河野太郎防衛相が派遣命令を出し、1月中にP3C哨戒機、2月から海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」を派遣する予定だ。

     自衛隊の最高指揮官である安倍首相が中東行きを中止したとなると、自衛隊の中東派遣計画も白紙になるかと思いきや、そのつもりはないようだ。菅義偉官房長官は8日の記者会見で「現時点では変更はなく、現地の状況を見極めつつ準備に万全を期していく」との見解を示している。

     これに対して、ネット上で批判が噴出している。ツイッターでは、

    「いざ危険になると、自分だけは真っ先に逃げるとは…」

    「逃げるのだけは相変わらず早いな」

    「自分が逃げるなら自衛隊派遣もまず見直せ」

    「安全圏にいる権力者たちが若者を死地に送る戦争の本質があらわれている」

     など、安倍政権を批判するコメントが相次いでいる。

     イランと友好関係にある日本は、歴代政権は中東問題に対して中立的な立場を維持してきた。だが、イランのザリフ外相は8日にツイッターを更新し、「私たちは事態のエスカレートや戦争を求めてはいないが、いかなる侵略に対しても自分たちを守るつもりだ」と投稿。イラク革命防衛隊も、米軍駐留基地への攻撃後には「アメリカのテロ軍に基地を提供したすべてのアメリカの同盟国に警告する」と表明している。

     ジャーナリストの高野孟氏は言う。

    「そもそも中東海域への自衛隊派遣は、米国が呼びかけた有志連合への参加を日本が断ることはできないので、『調査・研究』という立場で“やっているフリ”をするものでした。最初から問題があるのに、米国とイランの衝突でリスクが高まったのだから中止するのが当然です。自衛隊員には『ケガをせずに帰ってきてね』というつもりなのでしょうが、不真面目極まりない」

    続きはこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200108-00000096-sasahi-pol

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578473273/


    【【安倍首相】中東訪問中止で批判の嵐ww「自分が逃げるなら自衛隊派遣も見直せ」★2】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 www.nagoyatv.com)


    ↓↓↓皆の意見↓↓↓

    1 マスク着用のお願い ★ :2020/01/08(水) 18:28:19.41

    ★夜の政治
    https://mainichi.jp/articles/20200108/k00/00m/010/174000c
    「百害あって一利なし」4野党、カジノ廃止法案提出へ 総選挙争点に

    立憲民主党など野党4党は8日の国対委員長会談で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法の廃止法案を通常国会が召集される予定の20日に共同提出する方針を確認した。

    IR事業を巡っては、秋元司・元副内閣相が東京地検に逮捕されたほか、自民党の複数の議員が贈賄側の中国企業から資金提供を受けた疑惑で、東京地検から任意で聴取されるなどしており、野党は通常国会での論戦の柱に位置づける。

     立憲の安住淳国対委員長は会談終了後、記者団に「カジノは百害あって一利なしで、さまざまな議員の金まみれ、利権まみれの構図が分かってきた。安倍内閣は地域おこしや経済活性化の目玉にすると言っているが、我々は真っ向から反対する」と強調。「(次の)総選挙では、カジノ是か非かの戦いを国民に判断してもらうような運動にしていきたい」と対決姿勢を鮮明にした。【東久保逸夫】

    2020年1月8日 17時16分(最終更新 1月8日 17時16分)
    毎日新聞

    ★1 が立った時間
    2020/01/08(水) 17:27:52.36

    前スレ
    【カジノ】4野党、「百害あって一利なし」カジノ廃止法案提出へ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578472072/


    【【4野党】「百害あって一利なし??」カジノ廃止法案提出へ...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 public-newswitch.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com)


    ↓↓↓皆の反応↓↓↓

    1 マスク着用のお願い ★ :2019/12/24(火) 17:38:54.83

    ★統一まで1分

    https://this.kiji.is/582116819321783393
    韓国大統領が輸出規制強化撤回を要求

    【成都共同】韓国の文在寅大統領は24日、安倍晋三首相との会談で、輸出規制強化の撤回を要求し、首相の「格別の関心と決断」を要請した。韓国大統領府が発表した。

    2019/12/24 17:03 12/24 17:33 updated 共同


    【【日韓会談】韓国大統領、輸出規制強化撤回を要求!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    (出典 dol.ismcdn.jp)


    ↓↓↓皆の反応↓↓↓

    1 マスク着用のお願い ★ :2019/12/23(月) 16:27:36.07

    ★統一まで5分

    http://www.donga.com/jp/home/article/all/20191223/1934207/1/大統領府「GSOMIAの継続、3月末がデッドライン」-24日の韓日首脳会談に注目

    大統領府「GSOMIAの継続、3月末がデッドライン」...24日の韓日首脳会談に注目

    文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、韓中日首脳会議に出席するために23日に2日間の日程で中国を訪問する。文氏は今回の訪中期間に、習近平国家主席、安倍晋三首相と首脳会談を行う予定だ。訪中の結果によって、年末の韓半島情勢はもとより来年の外交政策の方向に少なからぬ影響があると予想される。

    ●GSOMIA、「来年3月末」暫定デッドラインを定めた大統領府

    最も関心を集めるのは、昨年9月以来15ヵ月ぶりに正式に対座する韓日首脳会談の内容だ。文氏と安倍氏は24日、中国の成都で会い、輸出管理の厳格化措置、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)問題などを話し合う予定だ。会談を控えて先週、日本が電撃的にレジストに対する輸出管理を緩和したが、大統領府の内部は、「この程度ではGSOMIAの継続と対等交換できない」というムードが強い。

    米国の強い要請などにより、GSOMIAを条件付きで延長したが、大統領府は暫定的に来年3月までをGSOMIA継続の「デッドライン」に定めたという。大統領府関係者は、「(日本の輸出管理の厳格化が始まった)今年7月以前の状態に戻すことが目標だ」とし、「GSOMIAの条件付き延長を長く引っ張ることはできないため、来年3月までに日本の顕著な措置が出てくることを望んでいる」と述べた。韓日対立の契機となった元徴用工問題はひとまず置き、日本の輸出管理の厳格化措置の撤回と韓国のGSOMIA延長を対等交換しようということだ。

    ある外交筋は、「先月のGSOMIAの条件付き延長の決定前から稼動した外交部と日本外務省の高位級ラインで効率的に様々な議論が交わされている」とし、「今回の首脳会談で顕著な結果が出なくても、首脳間に意見の接近があれば、年末に追加措置が取られる可能性もある」と伝えた。

    ● 「限韓令」と習主席の訪韓も決着がつくか

    韓中首脳会談の議論のテーブルに上る主題も重量がある。文氏は23日午前、訪中初日に習氏と会う。両首脳が会うのは、6月の大阪での主要20ヵ国・地域(G20)首脳会議以来6ヵ月ぶり。大統領府は、「非核化など北朝鮮問題だけでなく、韓中間の懸案も議論されるだろう」と説明した。

    韓中の外交専門家らは、高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)配備問題で触発された「限韓令」など中国の報復措置の解除の契機になる習氏の訪韓が今回の首脳会談で決まるか注目している。文氏は5日、中国の王毅・国務委員兼外相に会って、「習主席の国賓訪問が来年早期に実現されることを期待する」と述べた。習氏の訪韓は、朴槿恵(パク・クンヘ)政権時代の2014年7月が最後。

    来年度の対外経済展望が不確かな状況で、大統領府は両国関係を正常化させ、経済指標の改善の踏み台にするという計画だ。政府関係者は、「今年、経済指標が悪化したのは、中国のTHAAD報復措置が続く状況で、米中貿易の対立や日本の輸出管理厳格化措置などがあったため」とし、「来年、大衆文化はもとより観光などの分野で韓中関係が正常化するなら、対外経済にかなりのプラスになるだろう」と話した。


    【【韓国】大統領府「GSOMIAの継続、3月末がデッドライン...」】の続きを読む

    このページのトップヘ